鬼頭宏昌のメールマガジン

MAIL MAGAZINE

鬼頭宏昌自らが飲食店経営で実践した
経営ノウハウをメルマガで公開しています。

読者数4,123人!大好評!鬼頭宏昌が経営者に贈る無料メールマガジン「新しい時代のビジネスバイブル」

私が年商20億円の成長企業を作り上げるなかで、小さな失敗を繰り返し得た大きな成功を掴み取る飲食店経営ノウハウや、あなたのお店の経営に役立つ飲食店の最新情報をお伝えします。また、私が再び飲食店経営を開始して日々考えていること、感じたことも配信させていただきます。定期的に無料で開催する勉強会のご案内もお送りしておりますので、勉強会に興味のある方も是非ご登録下さい。

株式会社SBIC 代表
鬼頭宏昌- Kito Hiromasa -

22歳で父親の経営する飲食チェーンの経営に参画。
同年開設した「旗籠家さくらみせ」を業界屈指の繁盛店に育てる。25歳で同社の赤字転落を機に父親から経営を託され、 31歳までの6年間で、総店舗数20店舗(すべて直営店)、年商20億円に同社を育て上げ、 優良企業のうちに事業を売却。
その後、株式会社スモールビジネス紹介センター(現 株式会社SBIC)を設立し、執筆・コンサルティングを行いながら再び飲食店経営を開始している。
講演会・著書多数。

無料メールマガジンのお申し込みはこちらからどうぞ

バックナンバーをご覧いただけます

バックナンバー一覧

【第318号】平成26年02月12日

40歳になりました

こんにちは、鬼頭です。

本日、40歳になりました。

30歳になったときに、
「もう若手経営者じゃないじゃん・・・」
と、落ち込んだのが懐かしいです。

つい最近まで、40歳になるのは嫌だったのですが、友人が、
「40代って、経験からくる知恵もあるし、体力もある最高の時期だから
ずっと40歳になるのが楽しみだったんだよね・・」
みたいな話をしてくれて、
そういう物事の捉え方もあるんだなと、目からうろこが落ちました。

確かに30代は、体力はあるけど、経験が足りてない。
また、50代は、経験も積み、実績もでているだろうけど、
体力面では、不安がある。

経験・実績と体力の両方を、バランスよく持ち合わせるのは、
40代の10年しかない。

そういう意味では、ベンチャー企業の経営者としては、
40代というのは、一番頑張らないといけない時期だと思った。


友人の言葉を聞かせてもらって、
まあ、なんにしても考え方ひとつだなと。

人間は、必ず歳を取るわけだから、
それを、否定するのではなく、肯定的に捉え、
自分を鼓舞していくことは、大切だなと。


また、この1週間に、30代の経済活動を振り返りました。

会社経営とは関係なく、個人で使ったお金を振り返りましたが、
株式・金・土地・その他消費すべてをあわせると
(手がね+借り入れ含む)、総額3億円を、
軽々と超えていることが分かりました。

大きく利益を出したものもあれば、
大きく損を出したものもあります。

様々な、経済活動から体験的に分かった
お金の増やし方・使い方について、
お話しするセミナーを、
3月13日(木)19:00~
名古屋駅前にて開催します。

詳細はこちらになります。
http://kokucheese.com/event/index/148961/

中部圏にお住まいの方は、
誕生日プレゼントとして参加してくださいっ。


じゃあの!!


【 サイトをリニューアルしました 】

店舗見学は、随時受け付けております。
名古屋市内であれば、可能な限り私も同席します。
http://www.fc-sbic.jp/


【 東京23区で宅配単独店を運営してくださる方募集! 】

私は現在、最重要テーマを宅配単独店の成功においています。
特に、東京23区内で必ず成功させたい。

出店費用が、かなり安いうえに、
加盟条件の緩和や、初期投資の一部負担等の
優遇措置をとらせていただきます。

この機会に、
「いっちょやってやるか!」
みたいな方がおりましたら、ご一報ください。
http://www.f-connect.jp/contact.html



-----------------------

最近、メルマガ登録者様の数がぐんぐん増えてます。
これからも、頑張って執筆しますので、部下や上司や
お友達の経営者様に、
このメルマガを紹介していただけるとうれしいです!
メルマガの登録はコチラからできます。
http://www.fc-sbic.jp/mailmaga/

メールマガジンの感想はこちらまで送って下さいね。
info@f-connect.jp
※メルマガの感想は、とてもうれしいです。

お返事のお約束は出来ませんが、必ず目を通しています。

また、メルマガの転送は大歓迎です!
もちろん、引用もご自由にどうぞ。
経営者さまや起業家さんや店長さんに、私の考え方が
伝わることが生きがいですので。