鬼頭宏昌のメールマガジン

MAIL MAGAZINE

鬼頭宏昌自らが飲食店経営で実践した
経営ノウハウをメルマガで公開しています。

読者数4,123人!大好評!鬼頭宏昌が経営者に贈る無料メールマガジン「新しい時代のビジネスバイブル」

私が年商20億円の成長企業を作り上げるなかで、小さな失敗を繰り返し得た大きな成功を掴み取る飲食店経営ノウハウや、あなたのお店の経営に役立つ飲食店の最新情報をお伝えします。また、私が再び飲食店経営を開始して日々考えていること、感じたことも配信させていただきます。定期的に無料で開催する勉強会のご案内もお送りしておりますので、勉強会に興味のある方も是非ご登録下さい。

株式会社SBIC 代表
鬼頭宏昌- Kito Hiromasa -

22歳で父親の経営する飲食チェーンの経営に参画。
同年開設した「旗籠家さくらみせ」を業界屈指の繁盛店に育てる。25歳で同社の赤字転落を機に父親から経営を託され、 31歳までの6年間で、総店舗数20店舗(すべて直営店)、年商20億円に同社を育て上げ、 優良企業のうちに事業を売却。
その後、株式会社スモールビジネス紹介センター(現 株式会社SBIC)を設立し、執筆・コンサルティングを行いながら再び飲食店経営を開始している。
講演会・著書多数。

無料メールマガジンのお申し込みはこちらからどうぞ

バックナンバーをご覧いただけます

バックナンバー一覧

【第448号】平成27年03月11日

続・大塚家具のけん

こんばんは、きとうです。

相変わらず、順調に出店が決まってきています!

今年にはいり2月までで4店舗の宅配単独店の出店が決まりました。
3月に+2店舗の出店を目指し積極的に動いてますが、来週には2店舗とも確定してくると思います。
4月中には、更に3~4店舗の出店が決まるように活動レベルを上げていきたいところ。
4月までに10店の出店を確定させられるといいなと思っております。

この勢いだと、物件契約したけど、運営受託者が不在という状況がでるかもしれません(笑)


現在、加盟店を募集しているのは、宅配とんかつかさねやの単独店(新たに店舗を設け、宅配とんかつ事業に特化した運営を行うタイプの店舗)のみとなります。
なお現時点での募集エリアは、東京都内(詳細はご相談下さい)、横浜市内、川崎市内、さいたま市内、福岡市内。

なんか最近、出店を加速させとることはよく分かるけど、事業の詳細が見えにくいなー、と思っている方は多いと思います。

興味はすごくあるんだけど、
フランチャイズと業務委託の違いってどこにあるんだよ!とか、
単独店と併設店の違いすらよくわからん!

という方のために事業説明会を開くことを思いつきました。
事業説明会にて、現在、出店を推し進めている宅配単独店の説明をみっちりさせていただきたいなと。
事業プランの話ではなく、実績をもとにした確たる数字の話を、東京でしたいなと思っております。

日時は、
3月31日(火) 14時~16時
4月6日 (月) 14時~16時
場所は、東京になります

ご興味のある方は、こちらからお申し込みください!
http://www.f-connect.jp/contact.html

※ただし情報だけ欲しい方の参加は絶対に申し込まないでください。あくまでも上記エリアでの出店を、あるていど本気で検討したい方のみにしてください

よろしくです!!


さて先日、大塚家具の話を書きました。
会長ダサイ説を私はもっておりますが、娘を支持しているかと言えば、全く違います。
先日、娘が中期経営計画を発表し、その中身の秀逸ぶりが話題となりましたが、わたしは彼女が社長をやっても、大塚家具は上手くいかないと思います。

はっきり言うが、彼女のキャリアは、かなり怪しい。
自らコンサル会社を立ち上げていて、それをやめて大塚家具におさまっているということは、コンサル会社の経営につまづいた可能性が高いなと。
というのも普通は、会長である父親とあそこまで意見が合わなければ、とっととコンサル会社の経営者に戻るからです。
あんな風に、弁護士をたててまで父親とケンカし、大塚家具の社長の椅子にしがみつく時点で、かなり気骨のない人間だと思います。
というより、いち起業家として、自らの足でたつ自信が全くない人間だと。
一方、プライドは非常に高く、うだつのあがらないコンサル会社ではなく上場企業の社長の肩書が欲しくてしかたがないんだと思うね。
結果、人はついてこず、組織をまとめることはできない。
経営能力がたかければ、あんな問題になる前に、上手く決着をつけてるはずだしね。

中期経営計画もコンサルらしい、といっては失礼だけど、見掛け上の理論は正しいが、数字がともなわなさそうな内容に見えるし、そもそも、あんな骨肉の争いのスキャンダルを撒き散らすことの風評被害がよめない時点で、経営者としてはかなりイタイ。v
というわけで、はやくファンドに売却し、創業家に経営から身を引いてもらうことが、いまの大塚家具には最善の選択だと思うよ。
社員のため、とか言うなら、1日も早く身売りすべし!

じゃあの!!



-----------------------

最近、メルマガ登録者様の数がぐんぐん増えてます。
これからも、頑張って執筆しますので、部下や上司や
お友達の経営者様に、
このメルマガを紹介していただけるとうれしいです!
メルマガの登録はコチラからできます。
http://www.f-connect.jp/

メールマガジンの感想はこちらまで送って下さいね。
info@f-connect.jp
※メルマガの感想は、とてもうれしいです。

お返事のお約束は出来ませんが、必ず目を通しています。

また、メルマガの転送は大歓迎です!
もちろん、引用もご自由にどうぞ。
経営者さまや起業家さんや店長さんに、私の考え方が
伝わることが生きがいですので。