鬼頭宏昌のメールマガジン

MAIL MAGAZINE

鬼頭宏昌自らが飲食店経営で実践した
経営ノウハウをメルマガで公開しています。

読者数4,123人!大好評!鬼頭宏昌が経営者に贈る無料メールマガジン「新しい時代のビジネスバイブル」

私が年商20億円の成長企業を作り上げるなかで、小さな失敗を繰り返し得た大きな成功を掴み取る飲食店経営ノウハウや、あなたのお店の経営に役立つ飲食店の最新情報をお伝えします。また、私が再び飲食店経営を開始して日々考えていること、感じたことも配信させていただきます。定期的に無料で開催する勉強会のご案内もお送りしておりますので、勉強会に興味のある方も是非ご登録下さい。

株式会社SBIC 代表
鬼頭宏昌- Kito Hiromasa -

22歳で父親の経営する飲食チェーンの経営に参画。
同年開設した「旗籠家さくらみせ」を業界屈指の繁盛店に育てる。25歳で同社の赤字転落を機に父親から経営を託され、 31歳までの6年間で、総店舗数20店舗(すべて直営店)、年商20億円に同社を育て上げ、 優良企業のうちに事業を売却。
その後、株式会社スモールビジネス紹介センター(現 株式会社SBIC)を設立し、執筆・コンサルティングを行いながら再び飲食店経営を開始している。
講演会・著書多数。

無料メールマガジンのお申し込みはこちらからどうぞ

バックナンバーをご覧いただけます

バックナンバー一覧

【第513号】平成28年01月18日

3年で1億円の資産を作りたい方必見

こんばんは、きとうです。

なんか東京の雪、すごかったらしいですね。
名古屋は午前中雨で、そこから晴れました。

さて、本日のメルマガは人材募集です。
といっても、弊社の本部スタッフを募集したいのではありません。

現在、直営店は1店舗しかありませんが、今後の展開をにらみ、店舗運営を専門に行う子会社を作ることを検討しております。
勢い余って確保した物件を直営で運営する必要があったり(笑)。

今回は、その子会社で社長をやってくれる人材を募集したいと思っています。

応募資格は、
3年で1億円の資産を本気で作りたい方。
雇われマインドを捨てられる人。
3年間はこの仕事に一点集中する覚悟がある人。
飲食店の店長経験のある人。

すなわち、覚悟のある人、そして体を張れる人しか難しい仕事ということです。

週末のメルマガでも書いたけど、ただ1点に集中すれば、短期的に資産を作ることは可能です。
20代のわたしも、旗籠家という居酒屋チェーンの経営に1点集中し、赤字会社を6年で時価総額6.5億円の会社に成長させました。
もし売却のタイミングが10年前ではなく今であれば(現在のM&A相場を見る限り)その倍の13億円にはなったと思います。

経験がなくとも、年齢が若くとも、ただ一点に集中しつくせば結果をだすことはできる。
そして、いちどそれを体得すれば、何度でも勝てる経営者になれる。

今回つくる会社には、わたしがついておりますので、1人でやるのとは訳が違い、計画実現の可能性が極めて高いのです。
事業拡大については、わたしがリードしてどんどん出店していくので、それを実務の面で支えてほしい。リーダシップを発揮して子会社をリードして欲しい。
運営のスタイルに関しては、口出しをする気はありません。
報酬も利益が出ていれば好きにとっていただいて結構です。


人生はあくまでも仕事だという方。
経営者としての研鑽を実務で身につけたい方。
※というか経験しなければ成長しない

現在、お勤めの方で転職を考えている人でも、すでに経営者になっている方でも大丈夫です(経営者であれば会社を畳んでもらいます)
経歴は一切問いません。

とにかく、ガツっと働いて、短期的に資産を作りたい方、そして経営者として成長していきたい方のレスポンスをお待ちしております。

あまり考えず、とりあえず問合せしてください。
条件やら戦略等はそのときにお話しします。
コンタクトはこちらから!!
http://www.f-connect.jp/contact.html
※社名と役職も必ずお書きください



-----------------------

最近、メルマガ登録者様の数がぐんぐん増えてます。
これからも、頑張って執筆しますので、部下や上司や
お友達の経営者様に、
このメルマガを紹介していただけるとうれしいです!
メルマガの登録はコチラからできます。
http://www.f-connect.jp/

メールマガジンの感想はこちらまで送って下さいね。
info@f-connect.jp
※メルマガの感想は、とてもうれしいです。

お返事のお約束は出来ませんが、必ず目を通しています。

また、メルマガの転送は大歓迎です!
もちろん、引用もご自由にどうぞ。
経営者さまや起業家さんや店長さんに、私の考え方が
伝わることが生きがいですので。