鬼頭宏昌のメールマガジン

MAIL MAGAZINE

鬼頭宏昌自らが飲食店経営で実践した
経営ノウハウをメルマガで公開しています。

読者数4,123人!大好評!鬼頭宏昌が経営者に贈る無料メールマガジン「新しい時代のビジネスバイブル」

私が年商20億円の成長企業を作り上げるなかで、小さな失敗を繰り返し得た大きな成功を掴み取る飲食店経営ノウハウや、あなたのお店の経営に役立つ飲食店の最新情報をお伝えします。また、私が再び飲食店経営を開始して日々考えていること、感じたことも配信させていただきます。定期的に無料で開催する勉強会のご案内もお送りしておりますので、勉強会に興味のある方も是非ご登録下さい。

株式会社SBIC 代表
鬼頭宏昌- Kito Hiromasa -

22歳で父親の経営する飲食チェーンの経営に参画。
同年開設した「旗籠家さくらみせ」を業界屈指の繁盛店に育てる。25歳で同社の赤字転落を機に父親から経営を託され、 31歳までの6年間で、総店舗数20店舗(すべて直営店)、年商20億円に同社を育て上げ、 優良企業のうちに事業を売却。
その後、株式会社スモールビジネス紹介センター(現 株式会社SBIC)を設立し、執筆・コンサルティングを行いながら再び飲食店経営を開始している。
講演会・著書多数。

無料メールマガジンのお申し込みはこちらからどうぞ

バックナンバーをご覧いただけます

バックナンバー一覧

【第526号】平成28年03月25日

壮大な志を

こんばんは、きとうです。

連休明けということもあり、あっという間に1週間が終わりました。
週末は休まず仕事。休んでいるより仕事してた方が楽しいです。

さて今週の活動記録と雑感です!


□ブルームダイニング経営計画発表会
加藤くん率いるブルームダイニングの経営計画発表会に参加。
業界の第一線をはしるベンチャー起業の経営計画書は、どんなビジネス書よりも価値がある。
読み進めながら興奮した。


□社内会議
最近、本格的にスーパーバイザーの養成にとりくんでます。他のフランチャイズチェーンのバイジング手法には興味がない。
日次決算を駆使した、独自のバイジングメソッドの確立を目指していこう。
体を張れるスーパーバイザーを求む!!!


□東京と大阪出張
横浜と大阪堺市の契約をしてきました。
5月1日のオープンは4店舗に。
6月と7月も4店舗のオープンができるように開発に勤しみますが、その後は年末に向けて出店ペースを落とし、全店舗黒字にして来年の出店に臨みます。

また、これからの展開スピードをにらむと、採用と組織作りが最大の経営課題になる。
そんな観点から今週も面接にのぞむ。
採用には妥協しないことを改めて誓う。
採用コストの高さは、経営者の成長意欲の表れだ。


□雑感
先週末に、神戸の大村さんと大阪で飲みながら夢を語り合う機会があった。
絶対に上場を目指して欲しい、との言葉をいただき、改めて可能性を探っていく決意をした。
上場は資金調達の多様化と自社株のキャッシュ化に過ぎないが、会社関係者さんのモチベーションを上げることができるなら、それを掲げていくこともアリではないかと思う。

事業を支えるのは、ビジョンとか夢とか志といった精神的な部分だと思う。それらがあるから、いろんなことがあっても前向きに頑張っていける。経営ってそういうものだと思う。

ちょっと前に、博多の栢野さんからゼンショーの小川社長のインタビュー記事を教えてもらった。
インタビューを読み、小川社長が、世界から飢餓と貧困をなくす、という壮大な志を掲げ邁進してきたことを知った。あまりに壮大な志に圧倒される。
これが日本一になる経営者の志かと。

それを本気で追いかけた結果として日本一の外食企業になっていると思うが、そもそもの志に比べると、日本最大の外食企業であることが、なんと小さなチャレンジであるのだろうかと、ふと思う。

人間の人生は、概ね描いた夢の大きさに比例する。であれば、少しでも大きな夢を描くべきだと思い、まだ日本市場での闘いの真っ只中ではあるが、そろそろ世界を見据えていこうと考えを新たにした。

小さな目標で終わる経営者であってはいかんと言い聞かせ、週末も仕事がんばります。



-----------------------

最近、メルマガ登録者様の数がぐんぐん増えてます。
これからも、頑張って執筆しますので、部下や上司や
お友達の経営者様に、
このメルマガを紹介していただけるとうれしいです!
メルマガの登録はコチラからできます。
http://www.f-connect.jp/

メールマガジンの感想はこちらまで送って下さいね。
info@f-connect.jp
※メルマガの感想は、とてもうれしいです。

お返事のお約束は出来ませんが、必ず目を通しています。

また、メルマガの転送は大歓迎です!
もちろん、引用もご自由にどうぞ。
経営者さまや起業家さんや店長さんに、私の考え方が
伝わることが生きがいですので。