鬼頭宏昌のメールマガジン

MAIL MAGAZINE

鬼頭宏昌自らが飲食店経営で実践した
経営ノウハウをメルマガで公開しています。

読者数4,123人!大好評!鬼頭宏昌が経営者に贈る無料メールマガジン「新しい時代のビジネスバイブル」

私が年商20億円の成長企業を作り上げるなかで、小さな失敗を繰り返し得た大きな成功を掴み取る飲食店経営ノウハウや、あなたのお店の経営に役立つ飲食店の最新情報をお伝えします。また、私が再び飲食店経営を開始して日々考えていること、感じたことも配信させていただきます。定期的に無料で開催する勉強会のご案内もお送りしておりますので、勉強会に興味のある方も是非ご登録下さい。

株式会社SBIC 代表
鬼頭宏昌- Kito Hiromasa -

22歳で父親の経営する飲食チェーンの経営に参画。
同年開設した「旗籠家さくらみせ」を業界屈指の繁盛店に育てる。25歳で同社の赤字転落を機に父親から経営を託され、 31歳までの6年間で、総店舗数20店舗(すべて直営店)、年商20億円に同社を育て上げ、 優良企業のうちに事業を売却。
その後、株式会社スモールビジネス紹介センター(現 株式会社SBIC)を設立し、執筆・コンサルティングを行いながら再び飲食店経営を開始している。
講演会・著書多数。

無料メールマガジンのお申し込みはこちらからどうぞ

バックナンバーをご覧いただけます

バックナンバー一覧

【第538号】平成28年06月17日

事業家と投資家の違い

こんばんは、きとうです。
また1週間が終わった。
今週も積極的に動きました。


【 折れない心 】
1ヶ月前、検査を受けたのをきっかけにダイエットを始めた。検査前から6キロの減量に成功したが、食事を減らし、筋トレを激しくしたことで思わぬ副産物が手に入った。
折れない心、であります。
店舗が急激に増えたので、起こる問題は比例して増える。そんな問題や危機に対して、自分の心が全く折れなくなってきた。
少食と筋トレこそ人生を飛躍させる習慣だと思う。継続させていきたい。

【 ドラムスクール発表会 】
ネ申ドラマー山木秀夫さんのスクール発表会でドラム叩きます。
19日の20時40分くらいに渋谷のラストワルツにて出演します。
見学自由なので見に来てちょ!
ドラム始めたい方の見学大歓迎!!

【 仙台へ 】
今週、仙台にいってきました。
久しぶりに仙台で焼き鳥チェーンを経営する右田さんとのむ。トイレに貼ってある店舗案内の数が12店舗になっていることに感動。出会ったときは3店舗だった。
ブルームの加藤くんもそうだが、店が増えた方が経営は楽になる、と経験者はみな同じことを言う。
うちも10店舗以上の加盟店さんを3人は輩出したい。

【 大阪へ 】
大阪は名古屋から50分と非常に近い。
大阪特有の空気感は好きだ。人も街もディープだよね。

【 岡田会 】
2度目の岡田会。
またも酔い潰れるw
岡田社長の言葉は、本質に溢れ、いつも胸に突き刺さる。
100回飲んでもらえるよう、ど真剣に経営と向き合って生きていきます。

【 想い強く 】
会社うりませんか?
と打診された。
ウケるw

ようやく登る山を決めて、やっとこさ1合目に達したときに、金やるから下山しろ、と言われているのに近い。
金のために山に登るわけではない。
登りたいから登るだけ。
自分の目指している事業モデルも、それを為すための方法論も、だれも成し得ていないと思うから、いま挑戦をやめるという判断はない。
辛いこともある、大変な思いをすることもある。
でも、やり遂げたい。
なんとしてもやり遂げたい。

投資家と事業家は違う。
投資家は利回りのよい投資先を探すのが仕事。
事業家は、取り組んだ事業を利回りのよい事業に育てるのが仕事。
自分の意思で未来をつくりだしていく気概をもって生きるのが事業家だと思う。

事業家であれば、いちどはじめた仕事を必ずモノにすると心に誓い、全身全霊をかけて生きていくべきだと思う。
まさに、ど真剣に。

利回りのみを求めて事業と向き合ってないか?
それでは何も手に入らんよ、と自分に言い聞かせて今週も終わります。


-----------------------

最近、メルマガ登録者様の数がぐんぐん増えてます。
これからも、頑張って執筆しますので、部下や上司や
お友達の経営者様に、
このメルマガを紹介していただけるとうれしいです!
メルマガの登録はコチラからできます。
http://www.f-connect.jp/

メールマガジンの感想はこちらまで送って下さいね。
info@f-connect.jp
※メルマガの感想は、とてもうれしいです。

お返事のお約束は出来ませんが、必ず目を通しています。

また、メルマガの転送は大歓迎です!
もちろん、引用もご自由にどうぞ。
経営者さまや起業家さんや店長さんに、私の考え方が
伝わることが生きがいですので。