鬼頭宏昌のメールマガジン

MAIL MAGAZINE

鬼頭宏昌自らが飲食店経営で実践した
経営ノウハウをメルマガで公開しています。

読者数4,123人!大好評!鬼頭宏昌が経営者に贈る無料メールマガジン「新しい時代のビジネスバイブル」

私が年商20億円の成長企業を作り上げるなかで、小さな失敗を繰り返し得た大きな成功を掴み取る飲食店経営ノウハウや、あなたのお店の経営に役立つ飲食店の最新情報をお伝えします。また、私が再び飲食店経営を開始して日々考えていること、感じたことも配信させていただきます。定期的に無料で開催する勉強会のご案内もお送りしておりますので、勉強会に興味のある方も是非ご登録下さい。

株式会社SBIC 代表
鬼頭宏昌- Kito Hiromasa -

22歳で父親の経営する飲食チェーンの経営に参画。
同年開設した「旗籠家さくらみせ」を業界屈指の繁盛店に育てる。25歳で同社の赤字転落を機に父親から経営を託され、 31歳までの6年間で、総店舗数20店舗(すべて直営店)、年商20億円に同社を育て上げ、 優良企業のうちに事業を売却。
その後、株式会社スモールビジネス紹介センター(現 株式会社SBIC)を設立し、執筆・コンサルティングを行いながら再び飲食店経営を開始している。
講演会・著書多数。

無料メールマガジンのお申し込みはこちらからどうぞ

バックナンバーをご覧いただけます

バックナンバー一覧

【第602号】平成29年06月02日

経営について語ってみた

こんばんは、きとうです。

最近、メルマガの本を読み、発行日を水曜日か木曜日に変えることを検討中です(笑)

新オフィスの引越しも完了し、落ち着いてきたので、オープンに立ち会えなかった仙台の焼きトン屋さんへ。
凄まじい売上に、居酒屋の展開をしようか真剣に考えてしまう。

新規事業の方向性について、様々な角度から考え続けているが「面白そうなことをやる」が大原則だ。

また、増えた店舗の管理は、分割して管理していけば良いという、あたりまえの事実を痛感中。


【 今週のオープン店舗 】
すべて、「かさねや」になります。

6月1日 西宮店
6月1日 市川店
6月1日 南浦和店
6月1日 平野店
6月1日 堀田店
6月10日 浅草橋店(営業再開します)


【 内部固め 】
「勢いがついたら、それを止めないこと」は、明らかに経営のコツだと思う。

事業をやっていると、急に勢いを帯びる時がある。
大型の受注が取れた。
新規事業がうまくいきつつある。
新規店舗が大当たりした。
みたいな感じで。

そんな時、調子にのらなければいけない。
調子にのり、どんどん攻めなければいけない。

「調子にのるな!」といってくる奴がいるが、他人に意見する行為自体がすでに「調子にのっている」ので無視すればよい。

下に見ていた人間に追い越されるのが怖くて、足を引っ張りたがる人間はたくさんいる。


いつも思っているが、人生の中で飛躍できるタイミングは、そう何度もこない。
キタと思ったら迷わず突き進んでいくべき。
まさに勢いを止めず、ひたすらに突き進んでいくことだ。

体制づくりなどは、勢いを止めてするものではなく、勢いに任せつつするものだと思っている。

勢いを止めず、走り続けられるための戦略づくりと人財および資金の確保、組織風土の醸成が、経営の主たる業務だ。


【 人財の確保 】
人財の確保について思うのは、「高くても良い人を採るべき」という原則だ。

この原則は、人だけではない。
土地など資産性のものは全て当てはまる。

高くて良いものは、更に値を上げていく。安物買いの銭失い、とはよくいったものだ。

店舗物件も同じ。
家賃が高くても好立地を得た方が、よほど利益に繋がる。
事業の本質は、適切な投資回収サイクルにあるから、安いものを手に入れることに血筋をあげなくてもよい。仮に失敗しても、好物件はエグジットが容易だし。


人材は、土地や株よりも更に大きな価値の違いをもたらす。

月25万円で雇える小坊主(新卒は別)よりも、月40万円払わなければ雇うことができない有能な店長を雇い入れた方が、はるかに運営は安定する。


幹部の登用に関しては、自分より頭が良く能力が高い人材か、専門分野において突出したスキルがある人材を据えるべき。一方で、極めて忠誠心の強い人材も必要だと思う。

彼らの働きにより、些細なストレスから解放され、更に大きなビジョンを持つことができる。

人が揃うことで、はじめてビジョンの実現は為されていく。安く雇える小坊主しかいない会社に未来はないことを肝に銘じるべきだ。


【 逆算 】
では、勢いを止めず、どこまでやるのか?
というのは、ゴールの置き方で決まる。

5年なのか、2年なのか、10年なのか、30年なのか。どの時点を見据えて経営を進めるのかは、経営者のスタンスによる。

なので、とにかく経営計画・経営ビジョンをつくり、そこからの逆算を生きるべきた。

私の場合、人生計画は40年(82歳くらいまで)、会社のざっくりとした計画は10年(2025年まで)、細かい計画は2年、というスパンで見ており、
それぞれの逆算から毎月の目標を決めている。

いずれにしても、共に働く人間や関係先が、ワクワクするような会社をつくっていくことが大切だと思う。


【 オススメ本 】
エグゼクティブダイエット 土井英司
http://amzn.to/2rimKQN

本を読破してから、献本をいただくという間の悪い本だったが(笑)、非常に面白かった。

わたしも何度もダイエットに成功してリバウンドする、という経験をしてきているので、土井さんの主張は腹落ちしまくり。


連敗はしない、
体重計はのらず見た目でコントロールする、
飲むお酒はハイボールだけ、
1日に2食食べるなら1食はサラダのみ、
筋トレする、
サラダから食べる、

みたいに自分も普段やっている内容が盛りだくさん。

最近、久しぶりに会う方から、ほぼ確実に「痩せましたね」と言われますが、習慣的にやっていることの大半はこの本に書いてある。


ただ、個人的にこの本でいちばん刺さったのは、プロローグにある、
「ビジネスは、悪い仕組みを抜け出して、良い仕組みに入れば、勝手に稼げる」という一言だった。

身の廻りの経営者さんでも、悪い仕組み・悪い戦略の中で悪戦苦闘している人は多いと感じる。

多業態化によって財務体質を悪くするのは、その典型だろう。良い仕組みのビジネスを伸ばせば、勝手に会社は伸びていく。

わたしにとっての「かさねや」が、まさにそう。加盟さえすれば、良い仕組みを自分のものにできるフランチャイズは素晴らしい。

買って読む価値ある本です。

http://amzn.to/2rimKQN


-----------------------

最近、メルマガ登録者様の数がぐんぐん増えてます。
これからも、頑張って執筆しますので、部下や上司や
お友達の経営者様に、
このメルマガを紹介していただけるとうれしいです!
メルマガの登録はコチラからできます。
http://www.f-connect.jp/

メールマガジンの感想はこちらまで送って下さいね。
info@f-connect.jp
※メルマガの感想は、とてもうれしいです。

お返事のお約束は出来ませんが、必ず目を通しています。

また、メルマガの転送は大歓迎です!
もちろん、引用もご自由にどうぞ。
経営者さまや起業家さんや店長さんに、私の考え方が
伝わることが生きがいですので。