鬼頭宏昌のメールマガジン

MAIL MAGAZINE

鬼頭宏昌自らが飲食店経営で実践した
経営ノウハウをメルマガで公開しています。

読者数4,123人!大好評!鬼頭宏昌が経営者に贈る無料メールマガジン「新しい時代のビジネスバイブル」

私が年商20億円の成長企業を作り上げるなかで、小さな失敗を繰り返し得た大きな成功を掴み取る飲食店経営ノウハウや、あなたのお店の経営に役立つ飲食店の最新情報をお伝えします。また、私が再び飲食店経営を開始して日々考えていること、感じたことも配信させていただきます。定期的に無料で開催する勉強会のご案内もお送りしておりますので、勉強会に興味のある方も是非ご登録下さい。

株式会社SBIC 代表
鬼頭宏昌- Kito Hiromasa -

22歳で父親の経営する飲食チェーンの経営に参画。
同年開設した「旗籠家さくらみせ」を業界屈指の繁盛店に育てる。25歳で同社の赤字転落を機に父親から経営を託され、 31歳までの6年間で、総店舗数20店舗(すべて直営店)、年商20億円に同社を育て上げ、 優良企業のうちに事業を売却。
その後、株式会社スモールビジネス紹介センター(現 株式会社SBIC)を設立し、執筆・コンサルティングを行いながら再び飲食店経営を開始している。
講演会・著書多数。

無料メールマガジンのお申し込みはこちらからどうぞ

バックナンバーをご覧いただけます

バックナンバー一覧

【第603号】平成29年06月09日

続・経営について

こんばんは、きとうです。

梅雨入りしたらしいすね。
雨が降ると売上が増えるので、喜んでおります。

最近は新規事業の開発に時間を割くようにしています。

新しい事業のモデルを構想しているうちに、劇的に事業をのばす手法が浮かんできたりして、なかなか楽しい。

その実現まで、もう少し時間がかかりそうだが、これが実現すれば、計画通りの数字をつくっていけそうな手ごたえがある。
安易に目標を下げず、粘り強く経営していこう。


【 事業を伸ばすバランス 】
2025年・時価総額300億円からの逆算で経営を考えるようにしている。
2016年が、そのスタートなので、現在は2年目ということになるが、いまの時点では計画を少しだけ上回るスピードになっている。

いつも思うが、攻めの裏側にある守りが極めて大切で、いわゆる蛮勇ではダメ。
かといって、慎重すぎもダメ。
現実の数字を見据え、守りを固めたうえで攻める、というか、守りきれる範囲内で最大限の攻めの構えをつくることが大切だと思っている。

成長が止まるのはダメだが、会社をつぶすのはもっとダメということだ。


【 M&A 】
事業拡大のスピードをMAX上げる手法がM&Aだ。
ワープといえるほどのスピードで拡大できる。
一代で大事業を為した経営者は、ほとんどM&Aの専門家だった。
古くは、松下幸之助翁。
いまなら、日本電産の永守社長、ソフトバンクの孫社長。外食なら、ゼンショーの小川社長とか。

一代で大事業をつくりあげるには、M&Aしかない。なんつっても時間が足りないから。

一方でただ会社を買って、くっつけていき大きくするだけのM&Aは、マネーゲームと言われても仕方がない。
中身のあるM&Aのお手本は日本電産だと思う。
が、モーターメーカーより外食チェーンの事業再生の方がはるかに難しい。

会社をくっつけて売上規模を拡大するだけのM&Aに走ってはいけないということだ。


【 数字主義 】
最近、寝る前にYouTubeでカンブリア宮殿を見ることが多い。
カプコン創業者の回を見ていて、非常に腹に落ちたのが、「現場主義ではなく数字主義」という経営スタイルだった。

創業者には現場主義の方が多い。
でも、私も数字主義の方がよいと思う。

現場が頑張っているかどうかは、数字で出てくる。
本気でやっていれば、数字は必ずよくなっていく。

店長や社員が、どの程度、本気で仕事に取り組んでいるかを、店長の態度や発言から見抜くというのは、非常に難しい。

人間を見抜くというのは、とんでもなく難しいことなのだと、今さらながら痛感している。

接点の多い社員を評価しがちになったりするので、全ての社員を平等に評価するには、数字をもとにした方がフェアに決まっている。

数字だけが全てではない、というのは数字を出し続ける人間だけが言ってもいいセリフなのだろう。

経営をするうえで、感情論に流されないことは、とても大切なことだと思っております。そしてこれがまた、非常に難しいものなんだよね。


【 超絶オススメ本 】
仁義の報復
http://amzn.to/2sKhDrk

この本、マジでクソオモロイです。
読みはじめから引き込まれまくり、最後まで一気に読んでしまった、今年最高の面白本。

かなり前に起きた、埼玉の愛犬家殺人事件にまつわる実話なのですが、小説よりもよっぽど奇怪なストーリー。

読み始めると、止まらなくなること必至です。
何も考えず、とりあえず読んでほしい。


-----------------------

最近、メルマガ登録者様の数がぐんぐん増えてます。
これからも、頑張って執筆しますので、部下や上司や
お友達の経営者様に、
このメルマガを紹介していただけるとうれしいです!
メルマガの登録はコチラからできます。
http://www.f-connect.jp/

メールマガジンの感想はこちらまで送って下さいね。
info@f-connect.jp
※メルマガの感想は、とてもうれしいです。

お返事のお約束は出来ませんが、必ず目を通しています。

また、メルマガの転送は大歓迎です!
もちろん、引用もご自由にどうぞ。
経営者さまや起業家さんや店長さんに、私の考え方が
伝わることが生きがいですので。