鬼頭宏昌のメールマガジン

MAIL MAGAZINE

鬼頭宏昌自らが飲食店経営で実践した
経営ノウハウをメルマガで公開しています。

読者数4,123人!大好評!鬼頭宏昌が経営者に贈る無料メールマガジン「新しい時代のビジネスバイブル」

私が年商20億円の成長企業を作り上げるなかで、小さな失敗を繰り返し得た大きな成功を掴み取る飲食店経営ノウハウや、あなたのお店の経営に役立つ飲食店の最新情報をお伝えします。また、私が再び飲食店経営を開始して日々考えていること、感じたことも配信させていただきます。定期的に無料で開催する勉強会のご案内もお送りしておりますので、勉強会に興味のある方も是非ご登録下さい。

株式会社SBIC 代表
鬼頭宏昌- Kito Hiromasa -

22歳で父親の経営する飲食チェーンの経営に参画。
同年開設した「旗籠家さくらみせ」を業界屈指の繁盛店に育てる。25歳で同社の赤字転落を機に父親から経営を託され、 31歳までの6年間で、総店舗数20店舗(すべて直営店)、年商20億円に同社を育て上げ、 優良企業のうちに事業を売却。
その後、株式会社スモールビジネス紹介センター(現 株式会社SBIC)を設立し、執筆・コンサルティングを行いながら再び飲食店経営を開始している。
講演会・著書多数。

無料メールマガジンのお申し込みはこちらからどうぞ

バックナンバーをご覧いただけます

バックナンバー一覧

【第628号】平成29年09月22日

燃え尽き症候群

こんばんは、きとうです。

今週も開発に励む(笑)

ほぼ決まっていた案件が、確定していく一週間だった。

10月オープン予定の3店舗の準備も着々とすすんでおります。

11月のオープンは5店舗になりそう。


【 厳しさと愛 】
仕事に厳しさは必要だと思うよ。

でも、スタッフに向ける厳しさの、10倍くらいの愛がないと、人はついてこんよ。

大きな仕事をするには、大きな愛が必要だと感じる。

一方で、リーダーシップは体験を通してしか学べないものだと思うから、

裏切りとか、謀反とか、クーデターとか、

そういうマイナスの経験を積み、激しく内省することが、よきリーダーとなる最短距離でもある。



【 後向きな気持ちのときに 】
なんとなく気分的に後向きなときがある。

そんなときは、会社にいき、社員と話していると前向きな気持ちが戻ってくる。

職場の人間関係を円満に保つのは、非常に大切だと思う。

経営者は孤独、といわれるが、そうでもないというのが実感だ。


名古屋の居酒屋経営者さんに、燃え尽き症候群みたいな人が多い、という話を聞いた。

居酒屋という市場で闘うこと自体が、大変なことだと思うが、

わたしは従業員との関係性が悪いことが、燃え尽き症候群になる本質的要因だと思っている。


経営者として、ともに働く人間を応援していけば、応援した分の応援は返ってくる。

社員と敵対関係にある経営者さんも多く見受けられるが、それでは会社は育たない。

情けは人のためならず、というが、本当にその通りだろう。


燃え尽きる前に、やれることはたくさんあるはずだ。


----------------------

最近、メルマガ登録者様の数がぐんぐん増えてます。
これからも、頑張って執筆しますので、部下や上司や
お友達の経営者様に、
このメルマガを紹介していただけるとうれしいです!
メルマガの登録はコチラからできます。
http://www.f-connect.jp/

メールマガジンの感想はこちらまで送って下さいね。
info@f-connect.jp
※メルマガの感想は、とてもうれしいです。

お返事のお約束は出来ませんが、必ず目を通しています。

また、メルマガの転送は大歓迎です!
もちろん、引用もご自由にどうぞ。
経営者さまや起業家さんや店長さんに、私の考え方が
伝わることが生きがいですので。