鬼頭宏昌のメールマガジン

MAIL MAGAZINE

鬼頭宏昌自らが飲食店経営で実践した
経営ノウハウをメルマガで公開しています。

読者数4,123人!大好評!鬼頭宏昌が経営者に贈る無料メールマガジン「新しい時代のビジネスバイブル」

私が年商20億円の成長企業を作り上げるなかで、小さな失敗を繰り返し得た大きな成功を掴み取る飲食店経営ノウハウや、あなたのお店の経営に役立つ飲食店の最新情報をお伝えします。また、私が再び飲食店経営を開始して日々考えていること、感じたことも配信させていただきます。定期的に無料で開催する勉強会のご案内もお送りしておりますので、勉強会に興味のある方も是非ご登録下さい。

株式会社SBIC 代表
鬼頭宏昌- Kito Hiromasa -

22歳で父親の経営する飲食チェーンの経営に参画。
同年開設した「旗籠家さくらみせ」を業界屈指の繁盛店に育てる。25歳で同社の赤字転落を機に父親から経営を託され、 31歳までの6年間で、総店舗数20店舗(すべて直営店)、年商20億円に同社を育て上げ、 優良企業のうちに事業を売却。
その後、株式会社スモールビジネス紹介センター(現 株式会社SBIC)を設立し、執筆・コンサルティングを行いながら再び飲食店経営を開始している。
講演会・著書多数。

無料メールマガジンのお申し込みはこちらからどうぞ

バックナンバーをご覧いただけます

バックナンバー一覧

【第637号】平成29年11月24日

質問力を高めよ

こんばんは、きとうです。

祝日をはさんだこともあり、あっという間の1週間でした。

今週は、熱海で、来年に増店予定の加盟店さんとの経営合宿と社内合宿。

なかなかに充実しておりました。

また、開発も着々と進んでおります。

年末まで気を抜かず、頑張ってまいります!


【 好きな人に囲まれる生き方 】

好きな人に囲まれて生きると、ストレスなく生きられるため、非常に健全な毎日を送ることができる。

仕事も楽しい。

サラリーマンが辛いのは、嫌いな人とでも働かなければいけないところにある。

一方で、苦手な人と一緒にいれば、成長の可能性は高くなる。

何を人生の目的におくかで、ずいぶんと違ってくるが、それぞれに一長一短があることは知っておいた方がよいだろう。

好きな人にかこまれるもよし、苦手な人がそばにいるのもよし、という感じ。


【 政治批判する人たち 】
Facebookなんかみてると、政治批判する人は、意外なほど多い。

そういう人たちを見ていると「じゃあ、お前やってみろ」と言いたくなる。
※民進党とか共産党の批判は、しゃあない(笑)


権力の世界を生きる、というのは並大抵なことじゃない。
その中で、理想を押し通すことが、想像以上に大変なことなのは、容易に想像できる。

自らは何もしないくせに、人に文句ばかりいう輩に成り下がったらあかんよ。

少なくとも、ビジネスの世界で成功したければ、何もしないくせに人の批判ばかりする態度は改めるべきだろう。


【 質問 】
面接をしていて、「質問ありますか?」という投げかけに対し、自己PRで返してくる人は、意外なほど多い。

質問する力って大切だよ。

そこに、今の問題意識とか、物事を見通す力とか、地頭の良さとか、そんなものが現れる。

経営者どうしのやりとりも同じ。

鋭い質問を投げかけてくる社長は、やはり力量がある人ばかりだ。


人生が上手くいかないのは、相手のニーズを理解できないことや、相手よりも自分を満たす行動パターンにあったりするよな、と面接を通して感じていたりする。

自分の欲しいものを手に入れるには、先に相手の欲しいものを与えることなんだよ。

そして、これこそが、交渉の極意なのだと思っている。


【 キトシュラン 】
照寿司(北九州)☆☆

日本一SNSを使いこなす鮨屋。
仕入れ力が素晴らしく、最高の魚をこれでもかと食べさせてくれる。
店主のキャラ立ちがすごく、めちゃ楽しい。
https://tabelog.com/fukuoka/A4004/A400402/40001637/


----------------------

最近、メルマガ登録者様の数がぐんぐん増えてます。
これからも、頑張って執筆しますので、部下や上司や
お友達の経営者様に、
このメルマガを紹介していただけるとうれしいです!
メルマガの登録はコチラからできます。
http://www.f-connect.jp/

メールマガジンの感想はこちらまで送って下さいね。
info@f-connect.jp
※メルマガの感想は、とてもうれしいです。

お返事のお約束は出来ませんが、必ず目を通しています。

また、メルマガの転送は大歓迎です!
もちろん、引用もご自由にどうぞ。
経営者さまや起業家さんや店長さんに、私の考え方が
伝わることが生きがいですので。