鬼頭宏昌のメールマガジン

MAIL MAGAZINE

鬼頭宏昌自らが飲食店経営で実践した
経営ノウハウをメルマガで公開しています。

読者数4,123人!大好評!鬼頭宏昌が経営者に贈る無料メールマガジン「新しい時代のビジネスバイブル」

私が年商20億円の成長企業を作り上げるなかで、小さな失敗を繰り返し得た大きな成功を掴み取る飲食店経営ノウハウや、あなたのお店の経営に役立つ飲食店の最新情報をお伝えします。また、私が再び飲食店経営を開始して日々考えていること、感じたことも配信させていただきます。定期的に無料で開催する勉強会のご案内もお送りしておりますので、勉強会に興味のある方も是非ご登録下さい。

株式会社SBIC 代表
鬼頭宏昌- Kito Hiromasa -

22歳で父親の経営する飲食チェーンの経営に参画。
同年開設した「旗籠家さくらみせ」を業界屈指の繁盛店に育てる。25歳で同社の赤字転落を機に父親から経営を託され、 31歳までの6年間で、総店舗数20店舗(すべて直営店)、年商20億円に同社を育て上げ、 優良企業のうちに事業を売却。
その後、株式会社スモールビジネス紹介センター(現 株式会社SBIC)を設立し、執筆・コンサルティングを行いながら再び飲食店経営を開始している。
講演会・著書多数。

無料メールマガジンのお申し込みはこちらからどうぞ

バックナンバーをご覧いただけます

バックナンバー一覧

【第668号】平成30年03月16日

多店舗展開という技術

こんばんは、きとうです。

セミナー全会場で終了しました。

今年の参加数は、ほぼ100名でした。

新しい出会いもあり、懐かしい再会もありと、なかなか楽しかったです。


たいして売れてない著者なのに(笑)メルマガとFacebookだけで、100名ものセミナー参加者さんが来てくださることに対して、感謝しかありません。


なんか、歳をとるとみんな自分語りしたがるけど、ウザがられるだけじゃんね。

そんな(セミナーという名の)自分語りに、お金を払って100人も来てくれるとか、本当に感謝しかありません。


来年もよろしくお願いします。


今年のセミナーは、これで終了。
来年の売上高が60億円を超えるよう、多店舗展開、頑張ります。


【 起業家精神 】
事業って、うまくいってるときもあれば、躓くときもあるじゃないすか。

上手くいってるときも、躓いたときも、何かに挑戦していこうという気概が、起業家精神ではないだろうか。


会社というのは、様々なタイプの人材によって成り立っておりますが、

起業家精神を持った人材が、社長以外に存在すると会社は大きく成長していく。

極論いえば、1人いればいい。
その1人が、会社を作り変えていく。

起業家とは、そんな存在だ。

会社を成長させるのは、あくまでも社内の人間であって、社外のコンサルじゃない。


引き続き、どんどん人材採用し、起業家精神をもった人材の発掘と育成に励みたい。



【 多店舗展開という名のスキル 】
今回、セミナーのテーマを「多店舗展開」に設定してみた。

多店舗展開のよいところは、展開するビジネスを選ばないことにあると気づいているだろうか。

物販業は、アマゾンを筆頭にネット企業にやられていく。

トイザらスの破産を例に出すまでもなく、小売がドンドン潰れていく流れは止まらないだろう。

しかし、人の手を介すサービス業は、ネット企業に駆逐されようがない。集客のイニシアチブを取られることはあっても、事業者がなくなることはない。


繁盛していても多店舗展開のスキルがないために、2~3店舗で止まってるビジネスは多いから、

それを発掘し、多店舗展開していく術をみにつけておけば、いつ何時でも事業の立ち上げができるわけですよ。

自分自身、万が一、失敗しても、再びサービス業の多店舗展開を手掛ければ、復活を遂げることは、いつだって出来る。


多店舗展開のスキルは、一生物ということだ。

そして、このスキルは、自分自身で実践しないと身につくことはない。


これが本当に重要で、多店舗展開は知識ではなく、実践によって身につける術ということなんだよ。


【 キトシュラン 2018 】
鮨 武蔵(表参道)
https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13036638/

店主がメッチャいい人で、つまみも握りも美味しい。
鮨屋としてレベル高いですよ。

食べログの点数はアテにならんよね。


----------------------

最近、メルマガ登録者様の数がぐんぐん増えてます。
これからも、頑張って執筆しますので、部下や上司や
お友達の経営者様に、
このメルマガを紹介していただけるとうれしいです!
メルマガの登録はコチラからできます。
http://www.f-connect.jp/

メールマガジンの感想はこちらまで送って下さいね。
info@f-connect.jp
※メルマガの感想は、とてもうれしいです。

お返事のお約束は出来ませんが、必ず目を通しています。

また、メルマガの転送は大歓迎です!
もちろん、引用もご自由にどうぞ。
経営者さまや起業家さんや店長さんに、私の考え方が
伝わることが生きがいですので。