鬼頭宏昌のメールマガジン

MAIL MAGAZINE

鬼頭宏昌自らが飲食店経営で実践した
経営ノウハウをメルマガで公開しています。

読者数4,123人!大好評!鬼頭宏昌が経営者に贈る無料メールマガジン「新しい時代のビジネスバイブル」

私が年商20億円の成長企業を作り上げるなかで、小さな失敗を繰り返し得た大きな成功を掴み取る飲食店経営ノウハウや、あなたのお店の経営に役立つ飲食店の最新情報をお伝えします。また、私が再び飲食店経営を開始して日々考えていること、感じたことも配信させていただきます。定期的に無料で開催する勉強会のご案内もお送りしておりますので、勉強会に興味のある方も是非ご登録下さい。

株式会社SBIC 代表
鬼頭宏昌- Kito Hiromasa -

22歳で父親の経営する飲食チェーンの経営に参画。
同年開設した「旗籠家さくらみせ」を業界屈指の繁盛店に育てる。25歳で同社の赤字転落を機に父親から経営を託され、 31歳までの6年間で、総店舗数20店舗(すべて直営店)、年商20億円に同社を育て上げ、 優良企業のうちに事業を売却。
その後、株式会社スモールビジネス紹介センター(現 株式会社SBIC)を設立し、執筆・コンサルティングを行いながら再び飲食店経営を開始している。
講演会・著書多数。

無料メールマガジンのお申し込みはこちらからどうぞ

バックナンバーをご覧いただけます

バックナンバー一覧

【第671号】平成30年04月06日

進化の条件

こんばんは、きとうです。

今週は、加盟店さんとの鮨会やら、新規事業関連の業務やら。

ジワジワと進んでいた、物件契約もいくつかまとまりそう。


【 競合 】
競合や模倣業態は必ず出現する。

模倣業態は、すぐに自滅するからよいのだが、競合の中には育つものもあるだろう。

そんな競合対策について思うのは、真似したくてもできない構えをつくりだすこと。

真似されているうちは企業努力が足りてないということだ。

一方で、競合の動きをあまり気にする必要はない。

自社の事業・サービスをただひたすらに練り上げていけば、どこかで競合が追いつけない構えを作り出すことはできる。

競合の動向にエネルギーを奪われるのではなく、全てのエネルギーを自社のビジネスを強くすることに注いだ方が賢い。

注視すべきは、競合ではなく顧客であるということだ。



【 適材適所 】
会社内で、人材が腐っているならば、ポジションが間違っている、と認識するべきだ。

適材適所になっていないってことね。

適材ではない人材は存在せず、適所ではない人材が存在するだけだ。



【 制約条件 】
独立希望で面接にきた人が、資金がない、という理由で断念することがたまにある。

それは、核心をつけば「リスクが怖い」ということで、

リスクを避ける理由を必死で探した結果、たまたま「資金がない」という理由を見つけた、ということになる。


独立とか自分の夢に対して本気で生きているなら、資金がないとか、人がいない、なんて問題は乗り越えていける。

絶対にやると覚悟を決めれば、だいたいの経営資源は集まるものだ。


口では現状を変えたいと言いながら、自分の意思で現状の枠組みに自分を閉じ込めて生きているわけで、

グルジェフのいう「人間はロボットである」という言葉そのものであり、「パターンに支配されていることにすら気づいていない」という状態だ。


自分を変えようと、セミナーに行ったり、転職したところで、内観を重ね、自分自身のパターンを知り、そこから抜け出さないと、今のまま人生を終えていくことになる。

自分との対話を重ねた先にのみ、進化があるわけだ。


【 キトシュラン 】
馳走庵 ひじり(名古屋)
https://tabelog.com/aichi/A2301/A230109/23001697/

知人に連れて行ってもらったけど、美味しかった。
自宅から近いので、また行きたい。使い勝手がよさそう。


【 中古本情報 】
前回のメルマガの影響か、中古本が売れ、安いのが無くなってきました。

2000円代は買い、と思うので、2000円代が出てたら迷わず買ってください。もはや、3000円代でも買い、という状況になりつつある。

本という商品だから3000円代で高いと思われるが、あのレベルの情報が3000円代で手に入るって、そもそも破格なんだよ。
https://amzn.to/2EoppeN


----------------------

最近、メルマガ登録者様の数がぐんぐん増えてます。
これからも、頑張って執筆しますので、部下や上司や
お友達の経営者様に、
このメルマガを紹介していただけるとうれしいです!
メルマガの登録はコチラからできます。
http://www.f-connect.jp/

メールマガジンの感想はこちらまで送って下さいね。
info@f-connect.jp
※メルマガの感想は、とてもうれしいです。

お返事のお約束は出来ませんが、必ず目を通しています。

また、メルマガの転送は大歓迎です!
もちろん、引用もご自由にどうぞ。
経営者さまや起業家さんや店長さんに、私の考え方が
伝わることが生きがいですので。