鬼頭宏昌のメールマガジン

MAIL MAGAZINE

鬼頭宏昌自らが飲食店経営で実践した
経営ノウハウをメルマガで公開しています。

読者数4,123人!大好評!鬼頭宏昌が経営者に贈る無料メールマガジン「新しい時代のビジネスバイブル」

私が年商20億円の成長企業を作り上げるなかで、小さな失敗を繰り返し得た大きな成功を掴み取る飲食店経営ノウハウや、あなたのお店の経営に役立つ飲食店の最新情報をお伝えします。また、私が再び飲食店経営を開始して日々考えていること、感じたことも配信させていただきます。定期的に無料で開催する勉強会のご案内もお送りしておりますので、勉強会に興味のある方も是非ご登録下さい。

株式会社SBIC 代表
鬼頭宏昌- Kito Hiromasa -

22歳で父親の経営する飲食チェーンの経営に参画。
同年開設した「旗籠家さくらみせ」を業界屈指の繁盛店に育てる。25歳で同社の赤字転落を機に父親から経営を託され、 31歳までの6年間で、総店舗数20店舗(すべて直営店)、年商20億円に同社を育て上げ、 優良企業のうちに事業を売却。
その後、株式会社スモールビジネス紹介センター(現 株式会社SBIC)を設立し、執筆・コンサルティングを行いながら再び飲食店経営を開始している。
講演会・著書多数。

無料メールマガジンのお申し込みはこちらからどうぞ

バックナンバーをご覧いただけます

バックナンバー一覧

【第676号】平成30年05月02日

GWの徒然

こんばんは、きとうです。

GWなので、本日メルマガ配信します。

徒然なので、暇な人だけ読んでください。


【 デキる男 】
デキる男とは、プロセスよりも結果を最優先して動ける男だと思っている。

良いプロセスがあるからといって良い結果に繋がるわけではないが、

良い結果には、必ず良いプロセスがある。


【 画家と経営者 】
画家と経営者は似ている。

真っ白なキャンバス(=未来)に、自分の内側から溢れる想いを、描き続けるという意味で。


【 投資哲学 】
わたしの投資哲学は、ただひとつ。

高くても良いものを買うことだ。


【 政治批判 】
SNSで政治批判を繰り返す人をみると、だったら自分でやれよ、と思ってしまう。

結局、自分が変えられるのは自分だけ。

自分が変わることでのみ、自分の世界は大きく変わっていく。

他人依存の人間になり下がってはいかんのですよ。


【 上場 】
アパホテルの元谷代表が「上場なんて貧乏人のすること」と豪語していた。

長年にわたり積み上げた資本蓄積があってこその発言。

かっこいいな。

和平さんを思い出す。


【 問題 】
金銭や勤怠の管理なんかは、問題が起きるたびに、より優れた管理手法に生まれ変わっていく。

そういう意味では、問題というのは、成長の肥やしみたいなもんですよ。

パクられた金なんかは、授業料そのものなんだよな。


【 勤め人 】
ほとんどのサラリーマンにとって、つまらないのは仕事ではなく、会社なのではないかと思っている。

厳密にいえば、社内政治。

オーナー経営者ではなく、能力と倫理観の低い腐った取り巻きが、社内を仕切りだすことで、会社がつまらない場に転落していく。

そういう会社にしたらいかんのですよ。


【 スピード 】
事業家にとって、最も大切なのはスピードだ。

事前予想が当たらない実業の世界では、まず行動を起こし、その間違いを正すスピードの速い人間が成功する。

いろいろと言い訳しながらスピードを出せない人が多いから、スピードをあげられる人間が成功を収めていくことになる。

なんというか、考えるだけ考え、結論が出たら、脇目も振らず最短距離を突っ走っていけるかどうか。

あとは、他人と繋がれる力。


ビジネスは、戦略性、実行力、繋がる力、その全てを兼ね備えないと結果を出せないシビアな世界なんだよ。


【 キトシュラン 】
中国飯店 麗穂(名古屋駅)
https://tabelog.com/aichi/A2301/A230101/23064306/

誕生日に嫁がおごってくれた。
名古屋の中華ではトップクラスに美味しい。
北京ダックおすすめ!!!!


----------------------

最近、メルマガ登録者様の数がぐんぐん増えてます。
これからも、頑張って執筆しますので、部下や上司や
お友達の経営者様に、
このメルマガを紹介していただけるとうれしいです!
メルマガの登録はコチラからできます。
http://www.f-connect.jp/

メールマガジンの感想はこちらまで送って下さいね。
info@f-connect.jp
※メルマガの感想は、とてもうれしいです。

お返事のお約束は出来ませんが、必ず目を通しています。

また、メルマガの転送は大歓迎です!
もちろん、引用もご自由にどうぞ。
経営者さまや起業家さんや店長さんに、私の考え方が
伝わることが生きがいですので。