鬼頭宏昌のメールマガジン

MAIL MAGAZINE

鬼頭宏昌自らが飲食店経営で実践した
経営ノウハウをメルマガで公開しています。

読者数4,123人!大好評!鬼頭宏昌が経営者に贈る無料メールマガジン「新しい時代のビジネスバイブル」

私が年商20億円の成長企業を作り上げるなかで、小さな失敗を繰り返し得た大きな成功を掴み取る飲食店経営ノウハウや、あなたのお店の経営に役立つ飲食店の最新情報をお伝えします。また、私が再び飲食店経営を開始して日々考えていること、感じたことも配信させていただきます。定期的に無料で開催する勉強会のご案内もお送りしておりますので、勉強会に興味のある方も是非ご登録下さい。

株式会社SBIC 代表
鬼頭宏昌- Kito Hiromasa -

22歳で父親の経営する飲食チェーンの経営に参画。
同年開設した「旗籠家さくらみせ」を業界屈指の繁盛店に育てる。25歳で同社の赤字転落を機に父親から経営を託され、 31歳までの6年間で、総店舗数20店舗(すべて直営店)、年商20億円に同社を育て上げ、 優良企業のうちに事業を売却。
その後、株式会社スモールビジネス紹介センター(現 株式会社SBIC)を設立し、執筆・コンサルティングを行いながら再び飲食店経営を開始している。
講演会・著書多数。

無料メールマガジンのお申し込みはこちらからどうぞ

バックナンバーをご覧いただけます

バックナンバー一覧

【第679号】平成30年05月18日

新規事業と企業停滞の理由

こんばんは、きとうです。

今週は、社内会議やら出張で慌ただしかったな。

週末も、わりとガッツリ仕事。

最高かよ!


【 新規事業 】
創業してから今まで、何度も事業を変えてきた。
事業を変えようとするたび、暗闇に突入していく感じがある。

投資という形で金は飛んでいく一方で、回収ができるかは分からない。

いつまで投資が続くのか、
それが本当に成果に結びつくのか、
先の見えない暗闇の中を、一歩ずつ手探りで歩いていく。

一人でもやり切る、という覚悟を持たなければならんが、

暗闇を突破するには、社内の同志が絶対に必要になる。

人間の持つ力は素晴らしいんだよ。


【 企業が停滞する理由 】
創業者であれば、誰だって何度か倒産の危機を乗り越えて、成功を掴んでいる。

ベンチャースピリット全開で生きれば、生きるか死ぬかの勝負を避けられない。

しかし、そんなベンチャースピリット溢れる起業家でも、いつしか成長が止まることは多い。


最近、その理由が分かった気がするんですよ。

新規事業は、非常に負荷がかかるけど、それに挑む意欲がなくなるんだよ。


成功してからの生活が心地よくなり、それ以上のリスクを背負ってまで挑戦する気概をなくしていくんだ。


ひとたび暗闇に入れば、挑戦の規模にもよるが、1~2年くらいは先が見えない。

多額の損を出して終わる可能性も高く、精神的にも負荷のかかる状況を避けて、居心地のよい今にすがり、成長は止まる。


そうならないために必要なのは、志とビジョンしかない。

ひとつの挑戦の勝利が見えたら、さらに大きな挑戦を企てる。

それを続けられる経営者だけが、成長を続けていける。


自分の欲望だけでは、早々と限界がくるのは当たり前なんだ。


意識の拡大と事業規模の拡大は、リンクしている。

自分の豊かさから、全社員の豊かさへ。

全社員の豊かさから、全会社関係者の豊かさへ。

そして、社会の豊かさ、世界の豊かさ、みたいな感じで意識を拡大させる。


意識だけでなく、現実がそれに追いつくように行動を起こし続けること。

有言実行の連続で、一歩ずつ、着実に成長していく。


意識だけが拡大している頭でっかちには、絶対になりたくない。

事業家なんだから。


【 キトシュラン 】
たなか(中津川)
https://tabelog.com/gifu/A2103/A210303/21000935/

ミートスパの有名店。
リアルにクソハマっとる!!
ってか、鉄板スパにハマっとる。
最高かよ!


----------------------

最近、メルマガ登録者様の数がぐんぐん増えてます。
これからも、頑張って執筆しますので、部下や上司や
お友達の経営者様に、
このメルマガを紹介していただけるとうれしいです!
メルマガの登録はコチラからできます。
http://www.f-connect.jp/

メールマガジンの感想はこちらまで送って下さいね。
info@f-connect.jp
※メルマガの感想は、とてもうれしいです。

お返事のお約束は出来ませんが、必ず目を通しています。

また、メルマガの転送は大歓迎です!
もちろん、引用もご自由にどうぞ。
経営者さまや起業家さんや店長さんに、私の考え方が
伝わることが生きがいですので。