鬼頭宏昌のメールマガジン

MAIL MAGAZINE

鬼頭宏昌自らが飲食店経営で実践した
経営ノウハウをメルマガで公開しています。

読者数4,123人!大好評!鬼頭宏昌が経営者に贈る無料メールマガジン「新しい時代のビジネスバイブル」

私が年商20億円の成長企業を作り上げるなかで、小さな失敗を繰り返し得た大きな成功を掴み取る飲食店経営ノウハウや、あなたのお店の経営に役立つ飲食店の最新情報をお伝えします。また、私が再び飲食店経営を開始して日々考えていること、感じたことも配信させていただきます。定期的に無料で開催する勉強会のご案内もお送りしておりますので、勉強会に興味のある方も是非ご登録下さい。

株式会社SBIC 代表
鬼頭宏昌- Kito Hiromasa -

22歳で父親の経営する飲食チェーンの経営に参画。
同年開設した「旗籠家さくらみせ」を業界屈指の繁盛店に育てる。25歳で同社の赤字転落を機に父親から経営を託され、 31歳までの6年間で、総店舗数20店舗(すべて直営店)、年商20億円に同社を育て上げ、 優良企業のうちに事業を売却。
その後、株式会社スモールビジネス紹介センター(現 株式会社SBIC)を設立し、執筆・コンサルティングを行いながら再び飲食店経営を開始している。
講演会・著書多数。

無料メールマガジンのお申し込みはこちらからどうぞ

バックナンバーをご覧いただけます

バックナンバー一覧

【第684号】平成30年06月22日

人を動かすのは仕組み

こんばんは、きとうです。

今週、今の事業をはじめて、2度目の大きな地震が、大阪で起きた。

国内の主要都市には店舗があるし、社員もいるので、震災は決して他人事ではない。


さいわい、どの店舗も被害はありませんでしたが、リスクは、いつか必ず顕在化することを再確認することとなった。

一方、リスク管理が及ばないのが、大震災でもあり、無力さを感じる。



【 チャチャがはいる 】
新しく始めた事業に、チャチャがはいるのって、伸びる兆しだと思っている。

飛行機も、向かい風がこないとフワッと浮かないらしいし。


【 悪いとき 】
売上が伸びているときは、あらゆる問題が隠れるが、売上が下がり始めると、いままで見えていなかった問題が、いきなり目につきはじめる。

まさに成長のはじまりだ。

好調もよし、不調もまたよしという話。


【 意識を変えると現実は変わる 】
新規事業への「フルベット」「フルスイング」「オールイン」宣言を、打合せでした1時間後に、面接のアポやら応募が3件きたことがあった。

偶然と思われるだろうが、本気のスイッチが入ると、現実は動き出す。

それから、人の採用がすすみ、6名ほどの入社が決まっている。

出店攻勢の構えが、見えはじめた。


【 税制 】
政府が日本のアート業界を盛り上げるために作った構想が、発表と同時に大ブーイングらしい。

本気でアート業界を盛り上げたければ、

アートの売却益への課税を株と同じ20%にし、
現状100万円未満の減価償却対象を、1000万円未満に拡大すれば、
日本のアート業界は、一瞬で盛り上がる。

本気で産業を育てる気があるなら、税制を変えればよい。

余計な規制を撤廃するか。

なんつーか、政府は、民間が活性化する方法を提示することに徹すること。

それに尽きる。


【 キトシュラン 】
ぽん多本家(上野)
https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13003587/

上野を代表するとんかつ屋。
高額ではあるが、非常に旨いと思っている。
絶対にまた行きたい。


----------------------

最近、メルマガ登録者様の数がぐんぐん増えてます。
これからも、頑張って執筆しますので、部下や上司や
お友達の経営者様に、
このメルマガを紹介していただけるとうれしいです!
メルマガの登録はコチラからできます。
http://www.f-connect.jp/

メールマガジンの感想はこちらまで送って下さいね。
info@f-connect.jp
※メルマガの感想は、とてもうれしいです。

お返事のお約束は出来ませんが、必ず目を通しています。

また、メルマガの転送は大歓迎です!
もちろん、引用もご自由にどうぞ。
経営者さまや起業家さんや店長さんに、私の考え方が
伝わることが生きがいですので。