鬼頭宏昌のメールマガジン

MAIL MAGAZINE

鬼頭宏昌自らが飲食店経営で実践した
経営ノウハウをメルマガで公開しています。

読者数4,123人!大好評!鬼頭宏昌が経営者に贈る無料メールマガジン「新しい時代のビジネスバイブル」

私が年商20億円の成長企業を作り上げるなかで、小さな失敗を繰り返し得た大きな成功を掴み取る飲食店経営ノウハウや、あなたのお店の経営に役立つ飲食店の最新情報をお伝えします。また、私が再び飲食店経営を開始して日々考えていること、感じたことも配信させていただきます。定期的に無料で開催する勉強会のご案内もお送りしておりますので、勉強会に興味のある方も是非ご登録下さい。

株式会社SBIC 代表
鬼頭宏昌- Kito Hiromasa -

22歳で父親の経営する飲食チェーンの経営に参画。
同年開設した「旗籠家さくらみせ」を業界屈指の繁盛店に育てる。25歳で同社の赤字転落を機に父親から経営を託され、 31歳までの6年間で、総店舗数20店舗(すべて直営店)、年商20億円に同社を育て上げ、 優良企業のうちに事業を売却。
その後、株式会社スモールビジネス紹介センター(現 株式会社SBIC)を設立し、執筆・コンサルティングを行いながら再び飲食店経営を開始している。
講演会・著書多数。

無料メールマガジンのお申し込みはこちらからどうぞ

バックナンバーをご覧いただけます

バックナンバー一覧

【第701号】平成30年10月19日

大きく資産をつくる方法

こんばんは、きとうです。

今週は加盟店さん向けの勉強会。

ひさびさに会えた人たちも多く、有意義でした。

最近、事業を強くする道筋が、非常に明確に見えてきて、モチベーションも高まってきている。

ワクワクも、怒りも、危機感も、モチベーションがあがるのであれば、なんでも使えばよい。


【 人生 】
オレ、学歴はないが、勉強はかなり出来た。

が、中学生の頃、先生から嫌われており、内申点が低かったため、
緑高校というスコスコの高校から、
中京大学という2流の大学にいき、
大学4年目から飲食店の修行に出た。
※大学は卒業してない

もし、中学生の頃、内申点が高く、もう少しちゃんと勉強して、慶応や早稲田に行っていたら、どうなっただろうか?

みたいなことを考えてみたが、

結果的には、今と同じような人生を選んでいるのではなかろうか。

優秀な同級生たちを見て「こいつらには勝てない」と悟り、自分でも勝てそうな業界に身を投じ、一定のポジションを取りに行くことを考えたのではないか。

人生は、勝てる市場をみつけたら勝てる。

強豪ぞろいのハイスペックサラリーマンの人生を勝ち進むより、もっと楽しく、もっと稼げる仕事はたくさんある。

長く険しい道をすすむ理由は何も無いよね、と思うわけですよ。


【 資産 】
大きな資産というのは、多数の事業への分散投資ではなく、ひとつの優良な事業への集中投資によってつくられる。

投資家であれば、そのような事業を全力でみつけ、フルベットすること。

事業家であれば、手持ち資金も時間もエネルギーも、すべてかけられる事業をみつけ、最後までやり遂げること。

それ以外に、資産をつくる術はない。

世の中に溢れる、情報商材やセミナーなんて、ほとんど嘘しか教えていない。

いくだけ無駄どころか、害悪そのもの。


【 なるようになる 】
不確定な要素を多く含みながら、進んでいくことや、
自分の努力だけで望む結果を得られないことなんて、

結局、なるようにしかならん。


リスクを予測し、それに備えることは出来るけど、それでも結局は、なるようにしかならんわけですよ。

オチのない話なんだけど、

あーでもない、こーでもない、と心配する時間が無駄だという話。

そんな無駄なことに時間を割くのではなく、より建設的なことに時間を割いた方が賢い。

トラブルや困難を、どう活用し、それをどう成長につなげるか、という視点で、マイナスの出来事と向き合うと良い。

どんなクソな出来事でも、それを活用して成長できるのであれば、使いたおせばいいんだよ。


【 キトシュラン 】
熟成鮨 万(広尾)
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13225998/

最近オープンした、熟成鮨の専門店。
一品料理のクオリティも高いので、おススメですね。

最近いった鮨屋では、イチオシ。


----------------------

最近、メルマガ登録者様の数がぐんぐん増えてます。
これからも、頑張って執筆しますので、部下や上司や
お友達の経営者様に、
このメルマガを紹介していただけるとうれしいです!
メルマガの登録はコチラからできます。
http://www.f-connect.jp/

メールマガジンの感想はこちらまで送って下さいね。
info@f-connect.jp
※メルマガの感想は、とてもうれしいです。

お返事のお約束は出来ませんが、必ず目を通しています。

また、メルマガの転送は大歓迎です!
もちろん、引用もご自由にどうぞ。
経営者さまや起業家さんや店長さんに、私の考え方が
伝わることが生きがいですので。