鬼頭宏昌のメールマガジン

MAIL MAGAZINE

鬼頭宏昌自らが飲食店経営で実践した
経営ノウハウをメルマガで公開しています。

読者数4,123人!大好評!鬼頭宏昌が経営者に贈る無料メールマガジン「新しい時代のビジネスバイブル」

私が年商20億円の成長企業を作り上げるなかで、小さな失敗を繰り返し得た大きな成功を掴み取る飲食店経営ノウハウや、あなたのお店の経営に役立つ飲食店の最新情報をお伝えします。また、私が再び飲食店経営を開始して日々考えていること、感じたことも配信させていただきます。定期的に無料で開催する勉強会のご案内もお送りしておりますので、勉強会に興味のある方も是非ご登録下さい。

株式会社SBIC 代表
鬼頭宏昌- Kito Hiromasa -

22歳で父親の経営する飲食チェーンの経営に参画。
同年開設した「旗籠家さくらみせ」を業界屈指の繁盛店に育てる。25歳で同社の赤字転落を機に父親から経営を託され、 31歳までの6年間で、総店舗数20店舗(すべて直営店)、年商20億円に同社を育て上げ、 優良企業のうちに事業を売却。
その後、株式会社スモールビジネス紹介センター(現 株式会社SBIC)を設立し、執筆・コンサルティングを行いながら再び飲食店経営を開始している。
講演会・著書多数。

無料メールマガジンのお申し込みはこちらからどうぞ

バックナンバーをご覧いただけます

バックナンバー一覧

【第702号】平成30年10月26日

億男

こんばんは、きとうです。

そういえば、11月14日の18時から名古屋駅で、経営について語り合う飲み会をやることになりました。

あと1~2名ほど、参加者を募ろうと思っております。

基本的に、サービス業の経営者さんを集めたいと思っておりますので、申込みいただいても確実にお誘いできるとは限りません。

ご了承ください。

参加したい、という方は、こちらからメッセージください。
http://www.f-connect.jp/contact.html



【 お金 】
億男という映画のポスターをみて思ったことがある。

若い頃から事業をやっていたこともあり、お金に揉まれるのが早かった。


損する経験も儲ける経験も、若い頃から繰り返し体験して、お金というものを、なんとなく知ることができた。

お金があればできること、お金があってもできないこと。

なにより、本当の幸せはお金では絶対に手に入らないことも。


多くの人が、不必要にお金に価値を見出しすぎていると感じる。

持っているものを妬み、持っていないものを見下す、ともにお金に重きを置きすぎるが故に、起きる感情だ。


お金の真実の姿、真実の価値を、見出していくことには大変な価値があるが、それは常に、経験することでしか学べないようになっている。

だからこそ、若いうちから起業するといいんだよ。


【 億男 】
その後、映画・億男を見てきた。

いろいろと思うことはあるが、ネタバレになるから止めておく。


エンタメなので、ストーリーや作品について、様々な意見があるだろうが、

この作品のもう1人の主人公である「九十九」は、素晴らしい。


九十九は、メルカリのようなサービスを立ち上げてエグジットとした起業家という設定。

200億円で売却しているため、過半数以上をもつ九十九は、資産100億円超というキャラ設定だった。


起業を決意するシーンと、売却を迫られるまでのシーンがあったが、

彼には、金に対する執着が、一切ない。


バリュエーションの高さから、売却の意思決定を迫った役員たちとは、まるで違う。

役員たちは金に支配され、九十九だけは金の支配を受けていない。


また、起業の動機も、金という存在そのものに対する探究心からであり、決して、お金を手に入れることではなかった。


九十九の軸は、起業から、(仕方なく)エグジットするまで、一切ブレておらず、純粋にビジョンを生きようとしている。



エグジットして、金を得てからの役員たちの人生は、コミカルに描かれている割に、妙にリアルなんだよな。

元CTOが売却益を元手にはじめた、投資や経営がうまくいっていないところとか、

元CFOが、リスクのある会社経営ではなく、セミナー講師というリスクのない商売を選んでいるところは、リアルだったりして、

エンタメだから極端に描かれてはいるが、様々な人たちに、念入りに取材したことは、すぐに分かる。


この映画は、オーナー経営者は、見てみるとよいと思う。

一般の人たちが語る、映画評とは、まるで違う視点で、それぞれの登場人物と、その金に対する価値観に触れることができる。

なにより、九十九という人物の在り方から、おおいに感銘を受けるはずだ。

創業者というものの在り方に。


若い世代の起業家には、こういう人物が一定数、存在する可能性があるので、若い世代を応援する側に回りたいと純粋に思うが、まだまだ自分は、力をつけなければならない身分だ。


自分の理想とか夢は、一足飛びに実現することはできず、一歩ずつ為すべきを為していくしかない。

夢を実現するまでの道のりこそ、人生そのものであり、その道のりを、おおいに楽しむことで、人生は豊かになっていくんだよな。


【 キトシュラン 】
ヒロナゴヤ(名古屋)
https://tabelog.com/aichi/A2301/A230109/23059055/

旨い。

けど高い(笑)

かなり高い(笑)


----------------------

最近、メルマガ登録者様の数がぐんぐん増えてます。
これからも、頑張って執筆しますので、部下や上司や
お友達の経営者様に、
このメルマガを紹介していただけるとうれしいです!
メルマガの登録はコチラからできます。
http://www.f-connect.jp/

メールマガジンの感想はこちらまで送って下さいね。
info@f-connect.jp
※メルマガの感想は、とてもうれしいです。

お返事のお約束は出来ませんが、必ず目を通しています。

また、メルマガの転送は大歓迎です!
もちろん、引用もご自由にどうぞ。
経営者さまや起業家さんや店長さんに、私の考え方が
伝わることが生きがいですので。