鬼頭宏昌のメールマガジン

MAIL MAGAZINE

鬼頭宏昌自らが飲食店経営で実践した
経営ノウハウをメルマガで公開しています。

読者数4,123人!大好評!鬼頭宏昌が経営者に贈る無料メールマガジン「新しい時代のビジネスバイブル」

私が年商20億円の成長企業を作り上げるなかで、小さな失敗を繰り返し得た大きな成功を掴み取る飲食店経営ノウハウや、あなたのお店の経営に役立つ飲食店の最新情報をお伝えします。また、私が再び飲食店経営を開始して日々考えていること、感じたことも配信させていただきます。定期的に無料で開催する勉強会のご案内もお送りしておりますので、勉強会に興味のある方も是非ご登録下さい。

株式会社SBIC 代表
鬼頭宏昌- Kito Hiromasa -

22歳で父親の経営する飲食チェーンの経営に参画。
同年開設した「旗籠家さくらみせ」を業界屈指の繁盛店に育てる。25歳で同社の赤字転落を機に父親から経営を託され、 31歳までの6年間で、総店舗数20店舗(すべて直営店)、年商20億円に同社を育て上げ、 優良企業のうちに事業を売却。
その後、株式会社スモールビジネス紹介センター(現 株式会社SBIC)を設立し、執筆・コンサルティングを行いながら再び飲食店経営を開始している。
講演会・著書多数。

無料メールマガジンのお申し込みはこちらからどうぞ

バックナンバーをご覧いただけます

バックナンバー一覧

【第725号】平成31年03月22日

いきなりステーキ

こんばんは、きとうです。

日々、様々な問題と向き合っているが、問題を先送りにすれば、もっと大きな問題になり、解決をせまられるだけ。

現実を直視して、問題に怯まず、その解決にあたる以外に道はない。


問題から目を逸らしたくなるという、モチベーション低下に対する処方箋は、運動と対話だ。

やる気のない時ほど運動する。

やる気のないときほど、積極的に人と会い、対話をする。

逆説的だが、これで元気はでる。

脳と身体は繋がっているから、行動量を増やせば、おのずと元気が出るのが人間だ。


なんもやる気にならん、という人は、試しに運動をするとよい。


【 いきなりステーキ不振問題 】
いきなりステーキの2月の既存店売上高が24%マイナスというニュースを見た。

今更ながら、この前はじめて、いきなりステーキにいってみた。

あれだけの肉質で、ヒレ200gとリブロース200gの盛合せが、3000円強という値段は、本当に安いと思う。

しかし、あの狭い客席とチープな内装で、3000円以上の食事をもう一度するか、といえば、自分はしないだろう。

あの単価を払うならブロンビリーにいく。

肉の量は半分くらいになるが、サラダバーもついてるし、ゆっくり食事できるじゃんね。


次に、いきなりステーキに行くことがあれば、2000円以下のメニューしか頼まない気がする。

というのが顧客としての感想だ。


いきなりステーキの既存店売上高の大幅減少は、大量出店によるQSCの低下というチェーン店が不振に陥る王道的な要因ではなく、業態設計そのものにある気がする。

ブームが去った今、いきなりステーキが、どのような戦略を打ち出していくのか、本当に楽しみだ。

オーナー経営者は、いい意味で本当にしぶといから、期待したい。



【 ピエール瀧 逮捕 】
ピエール瀧がコカインで逮捕された。

犯罪行為は、芸能人に限らず、本当に割りが悪い。

横領だの窃盗だの強盗だの詐欺だの、あらゆる犯罪があるが、
正直、リスクとリターンのバランスの取れているものなど一つもない。

芸能人という立場で、パクられれば、損害賠償の嵐に巻き込まれるリスクを背負ってまで薬物を続ける、という判断は理解に苦しむ。


ピエール瀧のような、全国区の有名人が芸能界から干され、仕事がなくなっても、YouTuberになればよいだけ。

いい時代になったもんだと思うよね。



【 キトシュラン 】
つだ(名古屋)
https://tabelog.com/aichi/A2301/A230109/23066960/
飲食店としてのクオリティーは微妙だが、串揚げは旨い。
10本で3000円くらいのコースを頼んだら、こちらがストップをかけるまで延々と提供してくる仕組みで、気がついたら26本の串揚げを食べていた。
そんな高くない店なのに、ひとり1万円以上のお会計。
ウケるw


----------------------

最近、メルマガ登録者様の数がぐんぐん増えてます。
これからも、頑張って執筆しますので、部下や上司や
お友達の経営者様に、
このメルマガを紹介していただけるとうれしいです!
メルマガの登録はコチラからできます。
http://www.f-connect.jp/

メールマガジンの感想はこちらまで送って下さいね。
info@f-connect.jp
※メルマガの感想は、とてもうれしいです。

お返事のお約束は出来ませんが、必ず目を通しています。

また、メルマガの転送は大歓迎です!
もちろん、引用もご自由にどうぞ。
経営者さまや起業家さんや店長さんに、私の考え方が
伝わることが生きがいですので。