鬼頭宏昌のメールマガジン

MAIL MAGAZINE

鬼頭宏昌自らが飲食店経営で実践した
経営ノウハウをメルマガで公開しています。

読者数4,123人!大好評!鬼頭宏昌が経営者に贈る無料メールマガジン「新しい時代のビジネスバイブル」

私が年商20億円の成長企業を作り上げるなかで、小さな失敗を繰り返し得た大きな成功を掴み取る飲食店経営ノウハウや、あなたのお店の経営に役立つ飲食店の最新情報をお伝えします。また、私が再び飲食店経営を開始して日々考えていること、感じたことも配信させていただきます。定期的に無料で開催する勉強会のご案内もお送りしておりますので、勉強会に興味のある方も是非ご登録下さい。

株式会社SBIC 代表
鬼頭宏昌- Kito Hiromasa -

22歳で父親の経営する飲食チェーンの経営に参画。
同年開設した「旗籠家さくらみせ」を業界屈指の繁盛店に育てる。25歳で同社の赤字転落を機に父親から経営を託され、 31歳までの6年間で、総店舗数20店舗(すべて直営店)、年商20億円に同社を育て上げ、 優良企業のうちに事業を売却。
その後、株式会社スモールビジネス紹介センター(現 株式会社SBIC)を設立し、執筆・コンサルティングを行いながら再び飲食店経営を開始している。
講演会・著書多数。

無料メールマガジンのお申し込みはこちらからどうぞ

バックナンバーをご覧いただけます

バックナンバー一覧

【第724号】平成31年03月15日

採用の鉄則

こんばんは、きとうです。

今週もよく視察をした1週間だった。

その成果か、これからの戦略と会社のあるべき姿が、少しずつはっきりしてきている。


会社にとって重要なのは、ビジネスモデルと参入市場が独自であること。

独自性は高いが、ニッチであってはいけない。

市場の隙間をつくのはよいが、あまりにも市場規模が小さいのはダメ。

という、絶妙なバランス感覚によって、この世には存在しない企業に育てたい。


ポイントは、事業者の目線ではなく、顧客の目線で独自性が高いかどうかだ。



また、来週以降、社員や加盟店さんとの対話を増やしていこう。

対話を重ねていると、心から感謝の気持ちが湧いてくる。

全てのことに感謝できれば、感謝すべきことしか起こらなくなる。

そんなステージに近づくには、対話を重ねていくのが一番だ。


「人が輝く会社」というのは、自分にとっては、建前やキャッチフレーズではなく、究極の喜びそのものだ。



【 必然 】
然るべきタイミングで然るべき出来事が起きる。

然るべきタイミングで必要なものは手に入る。

と、強く感じるようになってきた。


努力はするが、あがきはしない。

理想の状態をつくろうと決めるが、執着はしない。

必要なものはあるが、焦りはしない。

みたいに、自分の中で少しずつ内的な変化が起きているのを感じる。


が、まだ、全てを流れに委ねる、という域にはない。

経営には、計画が必要だと思うし、計画を全うしていける会社であることは、会社の価値に直結している。


計画を大まかに決め、大枠の戦略を定めたら、
計画達成を目指すプロセスの中で起きる、様々な偶然性を楽しませてもらう、という感じだろうか。

上手くいくことにも、上手くいかないことにも、メッセージや学びは存在している。


人生におこる、すべての課題は達成していける。

達成した先にある未来の自分は、理想の在り方をしているわけだが、
そこに至る道のりこそ、最高のエンタメだ。



【 採用 】
10年くらい前、東京で著者会なる会があった。

その帰り道に、佐藤伝さんという著者の方に誘われて、2人で飲みにいった際に、

採用は「自分の家に招き入れてもよいか」を判断基準にすべし、みたいなレクチャーを受け、超腹落ちした。


佐藤伝さんと面識があったわけではないので「なんで飲みに誘ってくれたんすか?」と聞いたら、

「あなたの守護霊に呼ばれたから」という答えが返ってきて、軽くひいた記憶がある。


この採用の教えは、いまも自分の中に生き続けている。

が、守護霊とか、まじウケるw


【 キトシュラン 】
鮨 みつ川(六本木)
https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13229014/
金沢から移転してきた鮨屋さん。
正統派の江戸前鮨は、かなり美味い。
値段もそんなに高くはない。


----------------------

最近、メルマガ登録者様の数がぐんぐん増えてます。
これからも、頑張って執筆しますので、部下や上司や
お友達の経営者様に、
このメルマガを紹介していただけるとうれしいです!
メルマガの登録はコチラからできます。
http://www.f-connect.jp/

メールマガジンの感想はこちらまで送って下さいね。
info@f-connect.jp
※メルマガの感想は、とてもうれしいです。

お返事のお約束は出来ませんが、必ず目を通しています。

また、メルマガの転送は大歓迎です!
もちろん、引用もご自由にどうぞ。
経営者さまや起業家さんや店長さんに、私の考え方が
伝わることが生きがいですので。